○大和町水道事業服務規程

昭和45年5月1日

大和町企管規程第7号

(目的)

第1条 地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第10条の規定に基づき,大和町水道事業に従事する職員(以下「職員」という。)の服務に関し,法令,その他別に定めあるものを除き必要な事項を定めることを目的とする。

(服務の根本基準)

第2条 職員は,水道事業の目的が公共の福祉増進にあることを念とし,職務の遂行にあたっては,自己の責務を深く自覚し,法令,条例,規則及び管理規程を遵守し,上司の職務上の命令に忠実に従い,誠実且つ,公正に職務を行なわなければならない。

(勤務時間中の組合活動の禁止)

第3条 職員は,別に定める場合を除き,勤務時間中に職員の労働組合の事務を行ない,または活動してはならない。

(出勤早退等)

第4条 職員は,定刻までに出勤し,自ら出勤簿に押印しなければならない。

2 遅刻したときまたは早退しようとするときは,上下水道課長の承認を受けなければならない。

(病気欠勤等の手続)

第5条 職員が,病気その他の事故により出勤することができないときは,当日午前10時までにその事由を届け出なければならない。ただし,やむを得ない事情により定刻までに届け出ることができなかったときは,事後すみやかに届け出承認を受けなければならない。

2 職員が病気のため欠勤7日(日曜及び休日を含む。)以上に及ぶときは,医師の診断書を添えて届け出なければならない。

(休暇等の手続)

第6条 職員が,休暇または私事旅行の許可を請うときは,前日中にその手続きをし,承認を受けなければならない。

2 やむを得ない事情により前項によることができない場合には,当日午前10時までにその事由を届け出承認を受けなければならない。

(離席)

第7条 職員は,次の各号に掲げる場合には,その事由を届け出承認を受けなければならない。

(1) 勤務時間中において,私事のため一時外出しようとするとき。

(2) 勤務時間中において選挙権その他公民権の行使のために必要な時間を利用しようとするとき。

(3) 女子職員が,勤務時間中において乳児を育てるために必要な時間を利用しようとするとき。

(忌服等の手続)

第8条 職員が,忌服を受けるときは,直ちに届け出なければならない。

2 父母の命日に当たって出勤しないときも前項と同様とする。

3 忌服中であっても業務の都合により出勤を命ぜられたときは,速かに出勤しなければならない。

(公事等における届出)

第9条 職員が証人,鑑定人,参考人として召喚を受けたとき伝染病予防法による交通しゃ断あるいは,隔離されたときまたは風,水,震,火災その他の天災地変等による現住居の滅失,破壊等により出勤できないときは,速かに届け出なければならない。

(採用者の届出)

第10条 新たに採用された者は,速かに所定様式による履歴書並びに住所届を提出しなければならない。

(本籍等の変更届出)

第11条 本籍,住所及び氏名等に変更を生じたときは,速かにその旨を届け出なければならない。

(事務引継)

第12条 職員が退職し,または担任事務に変更があったときは,すみやかに担任事務及び保管にかかる文書,物件を後任者または町長の指定した者に引き継がなければならない。

2 前項により引き継ぎが終ったときは,前任者は町長にその旨を報告しなければならない。

(文書等の閲覧)

第13条 職員が,文書等を他に示しまたはその謄本を与えるような場合には,上司の承認を受けなければならない。

(文書等の保管)

第14条 退庁のさいは,保管文書及び物品は遺漏のないよう所定の場所に収置し,不在の場合でもよくわかるようにしておかなければならない。

2 諸帳簿,公文書類中重要なものまたは貴重品は,非常事態に際し支障ないよう準備しておかなければならない。

(時間外勤務,休日勤務)

第15条 職員が退庁後,勤務を要しない日,休日等の勤務時間外において業務の状況により時間外勤務を命ぜられたときは勤務しなければならない。

第16条 時間外勤務を命ぜられ勤務する場合は,その勤務開始時刻及び終了時刻を宿日直員に通知し退庁のさいは,特に火気の取締に注意しなければならない。

(出張)

第17条 職員が,出張を命ぜられたときは,別に定める出張命令簿により出張の前日までに町長の決裁を受けなければならない。

2 出張中用務の都合または病気その他のやむを得ない事由によって予定を変更しようとするときは,電報または電話等で直ちに上司の承認を受けなければならない。

3 出張から帰庁したときは,3日以内に復命書を作成し,町長に報告しなければならない。ただし,軽易な事項は口頭により復命することができる。

(宿日直勤務)

第18条 職員は,別に定めるところにより宿日直勤務に従事しなければならない。

(非常災害の場合における執務)

第19条 庁舎附近の出火その他非常災害の場合は,速かに登庁して臨機の措置をとらなければならない。

2 非常災害の場合における職員の執務に関しては,別に定める。

附 則

この規程は,公布の日から施行する。

附 則(平成16年9月30日大和町企管訓令第5号)

この訓令は,平成16年10月1日から施行する。

大和町水道事業服務規程

昭和45年5月1日 企業管理規程第7号

(平成16年10月1日施行)