○大和町電子申請システム利用規程

平成22年3月30日

大和町訓令第2号

(趣旨)

第1条 この利用規程は,大和町行政手続等における情報通信の技術の利用に関する規則(平成22年大和町規則第3号)第3条の規定に基づき,大和町が運営する大和町電子申請システム(以下「本システム」という。)の利用に関し,必要な事項を定める。

(定義)

第2条 この利用規程で使用する用語は,特別の定めのある場合を除くほか,大和町行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例(平成22年大和町条例第2号)及び大和町行政手続等における情報通信の技術の利用に関する規則で使用する用語の例による。

2 この利用規程において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) システム利用者 本システムを利用する者並びに利用するために必要なソフトウェアのインストール,設定作業及び各種準備行為を行う者

(2) 様式ファイル 本システムを利用して申請,届出その他の手続を行う場合に用いる様式の電磁的記録

(著作権)

第3条 本システム並びに本システムに関連する説明書及びソフトウェア(以下「ソフトウェア等」という。)に関する著作権は,大和町及び大和町にライセンスを付与した者が保有しており,国際条約及び著作権法(昭和45年法律第48号)により保護されている。

(免責事項)

第4条 大和町は,システム利用者による本システムの利用若しくは利用の準備又は大和町による本システムの運用の遅延,停止,休止,中断,制限若しくは取扱拒否により発生したシステム利用者又は他の第三者が被った損害について,原因のいかんを問わず,一切の責任を負わない。

(利用者の責務)

第5条 システム利用者は,当該システム利用者に対して大和町が認めたユーザID及びパスワードを用いて,本システムを利用するものとする。

2 システム利用者は,自己の責任に基づき,本システムを利用し,並びにユーザID,パスワード,様式ファイル,本システムの利用に係る電子メール及び本システムとの通信の際に発生する情報を厳重に管理するものとする。

(禁止事項)

第6条 本システムの利用に当たっては,次に掲げる行為を禁止する。

(1) 本システムを申請,届出その他の手続を行う目的以外の目的で利用すること。

(2) 本システムにおいて虚偽の申請,届出その他の手続を行うこと。

(3) 大和町が認める方法以外の方法により,本システムを利用すること。

(4) 本システムの管理及び運営を故意に妨害すること。

(5) 本システムに対しコンピュータウイルスに感染した情報を故意に送信すること。

(6) ソフトウェア等の全部又は一部を第三者に頒布,送信その他の方法で提供すること。

(利用者の同意)

第7条 システム利用者は,この利用規程に同意したものとみなす。

2 大和町は,必要と認めるときは,システム利用者に事前の通知を行うことなく,いつでもこの利用規程の変更(新たな条項の追加を含む。以下この項において同じ)を行うことができることとし,システム利用者は,利用規程の変更後に本システムを利用した場合,変更後の利用規程に同意したものとみなす。

(利用可能時間)

第8条 本システムの利用可能時間は,原則として24時間365日とする。ただし,期限等の定めのある申請,届出その他の手続については,この限りでない。

2 前項の規定にかかわらず,大和町は,本システムの保守等を行う必要がある場合,天災,事変その他やむを得ない事由が生じた場合は,システム利用者に事前の通知を行うことなく,本システムの運用の停止,休止,又は中断を行うことができるものとする。

3 本システムを利用して行われた申請,届出その他の手続の受付及び審査は,原則として大和町職員の勤務時間,休暇等に関する条例(平成7年大和町条例第1号)に基づく執務時間に行うものとする。

(利用者が使用する機器に関する基準)

第9条 システム利用者は,大和町が認める基準に適合する機器により本システムを利用するものとする。

(利用可能文字)

第10条 システム利用者は,本システムを利用するときは,大和町が認める文字のみを用いるものとし,当該文字以外の外字,機種依存文字その他の文字は用いないものとする。

(利用継続確認)

第11条 大和町は,システム利用者が本システムを利用して申請,届出その他の手続を行わない期間が1年を超えたときは,当該システム利用者に対し相当の期間を定めて本システムの利用の継続について確認し,回答を求めることができるものとする。

(システムの運用)

第12条 大和町は,システム利用者が次のいずれかに該当すると認めたときは,当該システム利用者に対し,事前に通知することなく,本システムの利用を停止し,又は制限することができるものとする。

(1) ユーザIDに対応しないパスワードを所定の回数以上入力したとき。

(2) 第6条各号に掲げる行為をしたとき。

(3) 前条の規定により定めた相当の期間内に同条の回答がなかったとき。

(4) その他本システムの管理及び運営に支障を及し,又はそのおそれがあると大和町が認めたとき。

(取扱拒否)

第13条 大和町は,システム利用者が本システムに送信した情報からコンピュータウイルスを検知した場合又は当該情報が大和町の認める技術的要件に適合しないものである場合は,当該情報を取り扱わないものとし,その旨を当該システム利用者に通知するものとする。

(合意管轄裁判所)

第14条 本システムの利用に関連して大和町とシステム利用者との間に生ずるすべての訴訟については,仙台地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

附 則

この訓令は,平成22年4月1日から施行する。

大和町電子申請システム利用規程

平成22年3月30日 訓令第2号

(平成22年4月1日施行)