○大和町地域包括支援センター規則

平成26年5月30日

大和町規則第6号

注 平成27年3月から改正経過を注記した。

(設置)

第1条 地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な包括的な支援を行うことにより,その保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的として,介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第115条の46第2項の規定に基づき,大和町地域包括支援センター(以下「包括支援センター」という。)を設置する。

(平29規則20・一部改正)

(名称及び位置)

第2条 包括支援センターの名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

大和町地域包括支援センター

大和町吉岡まほろば一丁目1番地の1

(平29規則20・一部改正)

(事業)

第3条 包括支援センターは,法第115条の46第1項に掲げる事業を行う。

(平29規則20・全改)

(センター運営協議会)

第4条 包括支援センターの円滑な運営を図るため,大和町地域包括支援センター運営協議会(以下「センター運営協議会」という。)を設置する。

2 センター運営協議会の委員は,大和町介護保険条例(平成12年大和町条例第4号)第13条に規定する大和町介護保険運営委員会(以下「委員会」という。)の委員をもって充てる。

3 前項の委員の任期は,委員会の委員の任期とする。

(平27規則2・一部改正)

(所掌事務)

第5条 センター運営協議会は,次に掲げる事項について調査審議する。

(1) 包括支援センターの設置等に関すること。

(2) 包括支援センターの運営及び評価に関すること。

(3) 地域における介護保険サービス以外のサービスとの連携の形成に関すること。

(4) その他包括支援センターの運営に関し必要な事項。

(会長及び副会長)

第6条 センター運営協議会に,会長及び副会長を置き,委員会の委員長及び副委員長をもって充てる。

2 会長は,会務を総理し,センター運営協議会を代表する。

3 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるときは,または会長が欠けたときは,その職務を代理する。

(会議)

第7条 センター運営協議会の会議(以下「会議」という。)は会長が招集する。

2 会議の議長は,会長が務める。

3 会議は,委員の半数以上が出席しなければ,開くことができない。

4 会議の議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(意見の聴取)

第8条 会長は,必要があると認めるときは,委員以外の者を会議に出席させて,意見を聴き,または資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第9条 センター運営協議会の庶務は保健福祉課において処理する。

(委任)

第10条 この規則の施行に関し,必要な事項は町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行し,平成26年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際,現に委員に委嘱されている者は,第4条第2項の規定により委員を委嘱されているものとみなし,その任期は同条第3項本文の規定にかかわらず,平成27年3月31日までとする。

附 則(平成26年12月15日大和町規則第14号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月19日大和町規則第2号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年12月6日大和町規則第20号)

この規則は,公布の日から施行する。ただし,第2条の規定は平成30年1月6日から施行する。

大和町地域包括支援センター規則

平成26年5月30日 規則第6号

(平成30年1月6日施行)