○大和町放課後児童クラブ条例

平成28年9月16日

大和町条例第29号

(趣旨)

第1条 この条例は,児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第34条の8第1項の規定に基づき,法第6条の3第2項に規定する放課後児童健全育成事業の実施に関し,必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 放課後児童健全育成事業を実施するため,放課後児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)を設置する。

2 児童クラブの名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

吉岡児童館放課後児童クラブ

大和町吉岡字館下88番地

よしおか放課後児童クラブ

大和町吉岡字権現堂12番地

宮床児童館放課後児童クラブ

大和町宮床字中野28番地の1

吉田児童館放課後児童クラブ

大和町吉田字仁和多利16番地

鶴巣児童館放課後児童クラブ

大和町鶴巣北目大崎字塚64番地

落合児童館放課後児童クラブ

大和町落合相川字長者原32番地

もみじケ丘児童館放課後児童クラブ

大和町もみじケ丘三丁目32番地の2

杜の丘児童館放課後児童クラブ

大和町杜の丘一丁目13番地

(休業日)

第3条 児童クラブの休業日は,次のとおりとする。ただし,町長は,必要があると認めるときは,臨時に休業し,又は休業日に業務を行うことができる。

(1) 土曜日及び日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(利用時間)

第4条 児童クラブの利用時間は,次の各号に掲げる区分に応じ当該各号に定める時間とする。

(1) 学校授業日 授業の終了後から午後6時30分まで

(2) 学校休業日 午前9時から午後6時30分まで

2 前項の規定にかかわらず,児童の保護者が希望する場合で町長が必要と認めるときは,次の各号に掲げる区分に応じ,当該各号に定める時間を延長して利用させることができる。

(1) 朝延長時間(学校休業日の利用の場合に限る。) 午前8時から午前9時まで

(2) 夕延長時間 午後6時30分から午後7時まで

3 町長は,前2項の規定にかかわらず,必要があると認めるときは,利用時間を変更することができる。

(利用の許可)

第5条 児童クラブを利用しようとする児童の保護者は,町長の許可を受けなければならない。

2 町長は,児童クラブの運営上支障があると認めるときは,その利用を許可しないことができる。

(利用料)

第6条 第4条第1項に規定する利用時間に係る利用料は無料とする。

2 第4条第2項第1号に規定する朝延長時間を利用する児童の保護者は,児童1人につき次の各号に掲げる学校休業日(大和町立学校の管理に関する規則(昭和32年大和町教委規則第5号。以下「規則」という。)第3条第1項第3号から第6号までに規定する学校休業日)の利用区分に掲げる朝延長利用料を納入しなければならない。

(1) 学年始休業日利用の場合 500円

(2) 夏季休業日利用の場合 2,000円

(3) 冬季休業日利用の場合 1,000円

(4) 学年末休業日利用の場合 500円

3 第4条第2項第2号に規定する夕延長時間を利用する児童の保護者は,夕延長利用料として児童1人につき月額1,000円を納入しなければならない。この場合において,利用期間が1月に満たないときは1月に切り上げる。

4 規則第3条第1項第7号及び第4条に規定する学校休業日の朝延長時間に係る利用料は無料とする。

5 既に納入された延長利用料は返還しない。ただし,町長が特別の理由があると認めるときは,その利用料の全部又は一部を返還することができる。

(延長利用料の減免)

第7条 町長は,特に必要と認めるときは,前条に規定する延長利用料を減免することができる。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか,必要な事項は規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成29年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この条例の施行に関し必要な手続きその他の準備行為は,この条例の施行前においても行うことができる。

大和町放課後児童クラブ条例

平成28年9月16日 条例第29号

(平成29年4月1日施行)