○大和町放課後児童クラブ条例施行規則

平成28年9月16日

大和町規則第22号

(趣旨)

第1条 この規則は,大和町放課後児童クラブ条例(平成28年大和町条例第29号。以下「条例」という。)の施行に関し,必要な事項を定めるものとする。

(利用定員)

第2条 大和町放課後児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)の利用定員は,次のとおりとする。

名称

定員

吉岡児童館放課後児童クラブ

70人

よしおか放課後児童クラブ

80人

宮床児童館放課後児童クラブ

35人

吉田児童館放課後児童クラブ

35人

鶴巣児童館放課後児童クラブ

35人

落合児童館放課後児童クラブ

35人

もみじケ丘児童館放課後児童クラブ

70人

杜の丘児童館放課後児童クラブ

80人

(利用対象児童)

第3条 児童クラブを利用できる児童は,町内の小学校に在学する第1学年から第4学年までの児童で,保護者が労働等により,昼間家庭にいないものとする。ただし,町長が必要と認めるときはこの限りでない。

(利用の申請)

第4条 条例第4条第1項の規定による利用時間に児童クラブを利用しようとする児童の保護者は,大和町放課後児童クラブ利用申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に勤務(内定)・就労証明書又は家庭において児童を保護することができないことを証明する書類を添付して,町長に提出しなければならない。

(利用の決定)

第5条 町長は,前条の申請書の提出があった場合は,申請内容を調査・審査した上で利用の可否を決定し,大和町放課後児童クラブ利用許可(不許可)決定通知書(様式第2号)により,当該保護者に通知するものとする。

(利用変更等の届出)

第6条 児童クラブを利用している児童の保護者(以下「保護者」という。)は,次の各号に掲げる区分に該当する場合には,当該各号に掲げる届出書を町長に提出しなければならない。

(1) 第4条の規定により提出した申請書の内容に変更がある場合 大和町放課後児童クラブ登録事項変更届出書(様式第3号)

(2) 第5条の規定により利用決定された期間中に病気,事故その他の特別な事情により1月以上利用を休止する場合 大和町放課後児童クラブ利用休止届出書(様式第4号)

(3) 第5条の規定により利用決定された期間中に利用を中止する場合 大和町放課後児童クラブ利用中止届出書(様式第5号)

(利用の休止)

第7条 町長は,前条第2号の届出書に基づき児童クラブの利用を休止したときは,大和町放課後児童クラブ利用休止決定通知書(様式第6号)により当該申請を行った保護者に通知するものとする。

(利用の中止)

第8条 町長は,保護者又はその児童が次に掲げる事項に該当する場合には,児童クラブの利用を中止できるものとし,大和町放課後児童クラブ利用中止決定通知書(様式第7号)により当該保護者に通知するものとする。

(1) 町外への転出したとき。

(2) 第6条第2号の届出書を提出しないで3か月以上利用しないとき。

(3) 保護者が家庭において児童を保護できることが確認されたとき。

(4) 第6条第3号の届出書が提出されたとき。

(5) 特別な理由なく条例第6条に規定する延長利用料を納入しないとき。

(6) 前各号に掲げるもののほか,児童クラブの運営に支障が生じたとき。

(延長利用の申請)

第9条 条例第4条第2項の規定による延長時間に児童クラブを利用しようとする児童の保護者は,大和町放課後児童クラブ延長利用申請書(様式第8号)を町長に提出しなければならない。

2 前項による利用申請は,大和町立学校の管理に関する規則(昭和32年大和町教委規則第5号。以下「規則」という。)第3条第3号から第6号までに規定する学校休業日以外の休業日のみの申請はできないものとする。

(延長利用の決定)

第10条 町長は,前条の規定による申請書の提出があったときは,申請内容を調査・審査した上で利用の可否を決定し,大和町放課後児童クラブ延長利用許可(不許可)決定通知書(様式第9号)により,当該申請を行った保護者に通知するものとする。

(延長利用の中止)

第11条 保護者は,延長利用を中止しようとするときは,大和町放課後児童クラブ延長利用中止届出書(様式第10号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は,前項の規定による届出に基づき放課後児童クラブの延長利用を中止したときは,大和町放課後児童クラブ延長利用中止決定通知書(様式第11号)により当該申請を行った保護者に通知するものとする。

(延長利用料の納入)

第12条 延長利用する児童の保護者は,条例第6条に規定する延長利用料を町長が発行する納入通知書により,指定する期日までに納入しなければならない。

(延長利用料の減免)

第13条 条例第7条の規定により延長利用料を減免することができる事由,減免の割合は,次の各号に定めるとおりとする。

(1) 利用児童の属する世帯が生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯の場合 全部

(2) 災害等により利用料の納入が困難な世帯であると町長が認める場合 町長が必要と認める割合

2 延長利用料の減免を受けようとする保護者は,大和町放課後児童クラブ延長利用料減免申請書(様式第12号)に必要な書類を添付し町長に提出しなければならない。

3 町長は,前項の規定による申請書の提出があったときには,当該申請内容を審査した上で減免の可否を決定し,大和町放課後児童クラブ延長利用料減免決定通知書(様式第13号)により当該保護者に通知するものとする。

(委任)

第14条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は,平成29年4月1日から施行する。

(大和町放課後児童クラブ運営規則の廃止)

2 大和町放課後児童クラブ運営規則(平成27年大和町規則第5号)は廃止する。

(準備行為)

3 この規則の施行に関し必要な手続きその他の準備行為は,この規則の施行前においても行うことができる。

画像画像画像画像画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大和町放課後児童クラブ条例施行規則

平成28年9月16日 規則第22号

(平成29年4月1日施行)