ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

原阿佐緒

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月20日更新

原阿佐緒

原阿佐緒

(1888~1969)歌人。

 明治21(1888)年6月1日、黒川郡宮床の素封家・父幸松、母しげの一人娘として生まれました。
 先に短歌を明星派の与謝野晶子に師事、のちアララギ派の斎藤茂吉、島木赤彦の指導を受けました。
 九条武子、柳原白蓮と共に三閨秀歌人としてその才能と美貌をうたわれましたが大正10年に東北大学教授・石原純との恋愛問題のため不遇な立場に置かれての生涯でした。

歌集は「涙痕」「死をみつめて」など。


観光マップ

アサヒナサブローのページ
アサヒナサブロー

くろかわ商工会<外部リンク>

大和町観光物産協会<外部リンク>

原阿佐緒記念館<外部リンク>