ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険の脱退

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

脱退の届出が遅れると、新たに加入した健康保険と国民健康保険の両方に保険料を納めることになります。(納め過ぎの保険料がある場合、申請により還付されます。) 

届出について

大和町国民健康保険に加入中の方で、次に該当する方は脱退の届出が必要です。

  1. 職場の健康保険に加入している方とその扶養家族
  2. 上記以外の健康保険組合に加入している方
  3. 健康保険法に規定する日雇特別被保険者とその扶養家族
  4. 生活保護を受けている方
  5. その他特別の理由があり、厚生省令で定める方

他の市町村に転出するとき

  • 印鑑
  • 国民健康保険被保険者証(転出する方全員分)
  • 各種医療費助成を受けていた場合はその受給者証(心身障害者医療費助成等)

職場などの健康保険に加入したとき

  • 印鑑
  • 国民健康保険被保険者証
  • 新たに加入した健康保険の保険証(脱退する方全員分、コピー可)
  • マイナンバー通知カードまたはマイナンバーカード(世帯主、脱退する方分)
  • 各種医療費助成を受けていた場合はその受給者証(心身障害者医療費助成等)

加入している方が死亡したとき

  • 印鑑
  • 国民健康保険被保険者証
  • 亡くなった方のマイナンバー通知カードまたはマイナンバーカード
  • 各種医療費助成を受けていた場合はその受給者証(心身障害者医療費助成等)

   ※葬祭費の給付を受ける場合には下記の書類も必要です。

  • 会葬礼状または葬儀の日程表(喪主の氏名、葬祭日等が確認できるもの)
  • 喪主の方の通帳またはキャッシュカード

生活保護を受けるようになったとき

  • 印鑑
  • 国民健康保険被保険者証
  • 生活保護開始決定通知書等
  • マイナンバー通知カードまたはマイナンバーカード(世帯主、脱退する方分)
  • 各種医療費助成を受けていた場合はその受給者証(心身障害者医療費助成等)

国民健康保険の資格喪失日

  • 大和町を転出した翌日
  • 職場の健康保険に加入した日の翌日
  • 死亡した日の翌日
  • 生活保護を受けるようになった日

※国民健康保険税は、資格喪失日に遡って計算します。
※職場の健康保険に加入した日以降(手続き中含む)は、国民健康保険被保険者証は使用できませんのでご注意ください。

注意

  • 国民健康保険被保険者証は、届け出の際、必ず返還してください。
  • 医療機関へは、すぐに新しい保険証を必ず提示してください。
  • 脱退の届け出が未了のままですと引き続き国民健康保険税が課税されますので忘れずに手続きしてください。

他の健康保険加入後に、国民健康保険被保険者証を使用して医療機関を受診した場合

脱退の届出が遅れ、うっかり手元にある国民健康保険被保険者証を使って診療を受けた場合、国民健康保険が負担した医療費をあとで返していただきます。(不当利得)

他の健康保険に加入後に、国民健康保険の脱退の届出をせず、そのまま手元にある国民健康保険被保険者証を使って医療機関で受診した場合、脱退した人の分を国民健康保険が保険給付分(7割、8割、9割)の支払いをしてしまうことになります。
この場合、国民健康保険から支払われた分を、国民健康保険被保険者証を使った方の世帯主に返してもらう複雑な手続きが生じます。
他の健康保険に加入した際は、早急に脱退の手続きをし、国民健康保険被保険者証は使わないようにしてください。また、健康保険変更後は、必ず医療機関に新しい保険証を提示してください。