ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

保険証の使用制限

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

国民健康保険で治療を受けるときは、必ず事前に届け出をしてください。

交通事故にあった、他人の飼い犬にかまれた、他人の打ったボールにあたったなど、第三者の行為によって、けがや病気をしたときでも、届け出をすれば国民健康保険で治療が受けられます。
ただし、医療費は加害者が負担をするのが原則ですので、国民健康保険が医療費を一時的に立て替え、あとで加害者に請求します。

届け出を忘れずに!

国民健康保険で治療を受ける場合は必ず事前に町民生活課に連絡し、すみやかに「第三者行為による被害届」を提出してください。

  1. 被害届等提出書類一覧 [PDFファイル/476KB]
  2. 被害届等提出書類(両面様式) [PDFファイル/186KB]
  3. 被害届等提出書類(片面様式) [PDFファイル/81KB]
  4. 被害届等提出書類(記入例) [PDFファイル/2.32MB]

次の場合は国民健康保険で治療は受けられません。

  1. 加害者からすでに治療費を受け取っているとき。
  2. 業務上のケガのとき。(労災保険の対象になります)
  3. 酒酔い運転、無免許運転などによりケガをしたとき。

示談は慎重に

国民健康保険に届け出る前に示談をすると、そのとり決めが優先して、加害者に医療費を請求できない場合があります。安易に示談には応じないようご注意ください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)