ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

任意加入

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

60歳までに老齢基礎年金の受給資格期間(25年)を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合であって、厚生年金・共済組合に加入していないときは、60歳以降(申出された月以降)でも任意加入することができます。ただし、さかのぼって加入することはできません。

  1. 年金額を増やしたい方は65歳までの間
  2. 受給資格期間を満たしていない方は70歳までの間
  3. 外国に居住する20歳以上65歳未満の日本人

の方も任意加入することができます。

なお、平成20年4月1日から3.を除き保険料の納付方法は、口座振替が原則となりました。

手続きに必要なもの

  • 年金手帳等(基礎年金番号のわかるもの)
  • 振替を希望する口座の通帳
  • 届出印

上記を持参のうえ町民生活課で行ってください。