ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

塩エコ(eco)生活のすすめ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

塩エコ(eco)とは

  • 塩エコ(eco)とは、お塩の節約(eco)のこと。
    塩分の摂り過ぎは、高血圧等生活習慣のリスクが増大します。
  • 高血圧は、脳卒中や心筋梗塞といった循環器疾患による死亡リスク要因の第1位!
  • 塩分を節約(eco)することで、高血圧を予防し、循環器疾患のリスクを減らすこと ができます。

塩分摂取目標量

生活習慣病の発症予防と重症化予防のため、の1日の塩分摂取目標量は男性8g未満・女性7g未満としています。(日本人の食事摂取基準(2015年版)より)

知っておくと便利!塩分の計算方法

食品の包装などに食塩の含有量が表示されています。ナトリウム量で記載されているときは食塩相当量に換算できます。

食塩相当量(g)=ナトリウム量(mg)×2.54÷1000

※例:ナトリウム500mgと表示されていたら・・・・・
500×2.54÷1000=1.27(食塩相当量になります。)
※計算が面倒な方に必見!覚えておくと便利!

ナトリウム量400mg=食塩相当量 約1g

健康づくりのための適塩のすすめ

宮城県栄養士設置市町村連絡協議会では、健康寿命の延伸と生活習慣病予防を目的に、適塩推進事業の一環として「健康づくりのための適塩のすすめ」のリーフレットを作成しました。

無理なく、減塩生活を続けるためには、毎日の調理や食卓で薄味や減塩に少しずつ慣れていくことが大切です!リーフレットの“適塩生活5つのポイント”を参考に、日頃の食生活を見直し、減塩生活を心がけましょう!

「健康づくりのための適塩のすすめ」リーフレット [PDFファイル/240KB]

宮城県ウェブサイト(塩エコレシピ集)<外部リンク>


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)