ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高齢者等インフルエンザ予防接種

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月28日更新

インフルエンザとは

インフルエンザは感染力が強く、症状は普通の風邪に比べて高熱、関節痛、筋肉痛などの全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し、重症化することもある病気です。予防の基本は流行前に予防接種を受けることです。また、外出時のマスクや帰宅時のうがい、手洗いは、風邪の予防と併せておすすめします。

対象者

接種日時点で

  1. 65歳以上の高齢者
  2. 60歳以上65歳未満の方で対象になる方もおりますので保健福祉課におたずねください。
    (心臓・じん臓・呼吸器等の障害を持っている方で身体障害者手帳1級に相当する程度)

期間

  • 10月1日~12月31日(黒川郡・仙台市・宮城県内医療機関)

(より効率的に有効性を高めるためには、インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種を受けておくことが必要です。)

料金

自己負担1,500円(生活保護世帯無料)

※今回、高齢者インフルエンザ予防接種で使用されるワクチンが、3価ワクチンから4価ワクチンへ変更となったことに伴い、ワクチン単価が値上がりしました。
接種における自己負担額はもともとワクチン代となっているため、ワクチン代の値上がりに伴い、自己負担額が変更となりましたので、予めご了承ください。

接種医療機関

インフルエンザ予防接種登録医療機関

※継続して治療を受けている場合は主治医にご相談ください。
※予約の必要な医療機関がありますので、医療機関に確認をしてください。

持っていく物

予診票及び個人票、健康保険証、(健康手帳)、お薬手帳など