ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大和町地域包括支援センター

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

住み慣れた地域で高齢者や家族が安心して生活できるための介護・保健・福祉に関する総合相談窓口です。

 地域包括支援センターでは、保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員などの専門職員が、高齢者を取り巻くいろいろな問題に対し、それにあったサービスの提供や関係機関と連携を取りながら対応いたしております。
 窓口に来られない方は、こちらから訪問して相談に応じます

1.何でもご相談ください * 総合相談支援

生活の中で困っていることや、心配なことなどありませんか?

例えば・・・
「介護サービスに不満があるが、どうしたらいいのかわからない。」
「最近もの忘れがひどく、毎日探し物しているが…」

⇒相談を受けて、必要時訪問し本人や家族や関係者などを通じて状況をお聞きします。そして、情報提供や適切な関係機関へ紹介や連絡をおこないます。

2.自分らしく生活できるように支援します * 介護予防支援

寝たきりなどへの不安はありませんか?

 元気な人はより元気に!もし、介護を受けることになっても、それ以上悪化しないようにしましょう。自分の力を活かし、日常生活の中でできること・していることを続けることが介護予防 につながります。
 町では介護予防事業を実施しています。

3.高齢者の権利を守ります * 権利擁護支援

お金の管理や契約などに不安はありませんか?

例えば・・・
「自分でお金の管理をするのが不安になってきた・・・」
「一人暮しで契約などに関して、頼れる家族がいない・・・」
「財産の管理を誰かに任せたいが、どうしたら・・・」

⇒財産管理や契約に関して、頼れる家族がいない場合などには成年後見制度が利用できます。
成年後見制度の利用が必要な場合は、申し立てなどの手続きの支援をします。

高齢者の虐待に気づいたら・・・

例えば・・・
「毎日ひどい言葉を言われ、精神的に非常に落ち込んでいる」
「体に、たたかれたようなあとがある」
「介護が必要なのに、介護がされていないようだ」

⇒相談・通報を受けて訪問し情報収集しながら事実関係を把握します。さらに、緊急の場合など必要に応じて老人福祉施設等への入所など他の機関と連携して対応します。

消費者被害の防止など、様々な権利に関する相談に応じます。

 ほっと一息 ほっとケア (認知症の方をかかえる介護者の会)

「ほっとケア」って何?

 「ほっとケア」は認知症の方を介護する介護者の会です。

  • ほっとケア話すことで、気分を楽に。
  • 同じ介護者同士の仲間作り。
  • 介護についての情報交換。
  • 認知症について学び理解を深め、介護に役立てる。

 「ほっとケア」は会員制なの?

 自由参加です。都合のつく時にご参加下さい。

「ほっとケア」はいつ、どこで開かれるの?

 日時:毎月第3水曜日 午後1時30分~3時
 場所:大和町保健福祉総合センター(ひだまりの丘)

「ほっとケア」は介護者だけしか参加できないの?

 ご本人だけ自宅に置いて参加できない場合、介護者とご本人お二人で参加していただき、ご本人は別室で職員と過ごします。その間、介護者は安心してほっとケアにご参加下さい。(事前にご連絡をお願いします。)
*内容により日時・場所を変更する場合がありますので「広報たいわ」をご覧ください。

ほっと一息訪問

 「ほっとケアに参加してみたい…」「誰かに話を聞いてもらいたい」だけど家を空けられない・・・そんな時は是非ご相談下さい。会員でもある介護経験者がご自宅を訪問し、ゆっくりと話を聴かせていただきます。