ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 町政運営・まちづくり > 交付金 > 地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価について

地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価について

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月25日更新

大和町では平成21年度に地域情報通信基盤整備推進交付金を活用し、吉田西部地区(金取南、金取北、沢渡、八志田、反町中の一部)、宮床難波地区のブロードバンド未提供地域において、光ファイバ網を整備し、高速インターネット接続サービスを提供し、地域間の情報格差の改めると地域の活性化を図りました。

 地域情報通信基盤整備推進交付金交付要綱第8条の規定に基づき、整備事業が完了した年度の5年後に、整備計画の事後評価及び公表を行うこととなっていることから、事業の内容及び評価について公表します。

 

地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価 [PDFファイル/103KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)