ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 町政運営・まちづくり > 政策・総合計画・自治 > 大和町南部コミュニティセンターの愛称が「ふれあいの杜」に決まりました!!

大和町南部コミュニティセンターの愛称が「ふれあいの杜」に決まりました!!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月20日更新

 平成29年4月オープンに向けて建設工事を進めている大和町南部コミュニティセンターにつきまして、多くの皆様に親しまれる施設となるよう愛称の募集を行っておりましたが、先に開催した愛称選考委員会において選考された愛称名「ふれあいの杜」を含む施設の条例案が9月定例議会において承認され、愛称が正式決定となりました。

 愛称の募集には、全国各地から総数604点のご応募をいただきましたが、愛称選考委員会において、親しみやすさ、覚えやすさなどを基準に愛称案の審査を行い、審査の結果、最優秀案には「ふれあいの杜」が選ばれ、次点の優秀提案には「杜っこホール」が選ばれました。

 町は、新しい施設の愛称「ふれあいの杜」の周知を図りながら、愛称を通して多くの町民の皆様に愛され、末永く親しまれる施設を目指してまいります。

 なお、仮称としていたコミュニティセンターの名称については、正式に「大和町南部コミュニティセンター」に決定しました。

 

愛称選考結果

最優秀賞  ふれあいの(もり
)

提案者   松原一郎さん (新潟市中央区在住)

提案趣旨

 愛称には、地域内外から幅広い世代の人々が集い、日常的交流やコミュニティの活性化により多様なふれあいを創出し、人と地域の豊かな未来を構築するという意味を込めました。杜の丘の意味合いを有する「杜」には、多くの人々の心の拠り所として発展してほしいという想いも託しています。新しい施設が人と地域が織りなす新たなコミュニティづくりの機運醸成に資することを願っています。

優秀賞   (もり)っこホール

提案者   池田悦子さん (大和町杜の丘一丁目在住)

※優秀案の「杜っこホール」については、施設内の多目的ホールの室名に採用することといたしました。