ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > まちづくり政策課 > 大和町まほろば百選 ~未来への伝言~

大和町まほろば百選 ~未来への伝言~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月1日更新

石神山精神社(いわがみやまずみじんじゃ)

延喜式内社(えんぎしきないしゃ)

祭神 大山衹神(おおやまつみ) 大歳神(おおとしのかみ) 事代主神(ことしろぬしのかみ)

祭礼 旧3月15日、旧9月9日

当社の歴史は古く、続日本紀(しょくにほんぎ)によれば桓武天皇の延暦9年(790年)に陸奥国黒川郡石神山精神社を官社に勧められ、当時すでに大和朝廷の信仰厚く奉弊(ほうへい)が行われた。社名の示すとおり巨大な岩石に神霊の存在を認めて祀った古い信仰の姿を伝えた神社で、社殿前には坂上田村麻呂将軍の御手植えの杉と、古老の口碑に伝う周囲8メートル余の老杉がある。 (まほろば百選~未来への伝言~第1刊《史跡・名跡編》より)

延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)延長5年(927年)に記載されている神社で、東北において唯一平安時代に官社に列した国史掲載の神社です。

参道を登り、拝殿の脇を通ると、本殿の前には、見上げる杉のご神木と巨大な岩に圧倒され、長い歴史の流れを感じることができる神々しい空間が広がっています。

石神山精神社鳥居

石神山精神社の鳥居を抜けて石段の参道を登ります。

 

石神山精神社拝殿

石神山精神社の拝殿とその奥に、ご神木の杉が見えます。

 

石神山精神社本殿とご神木

本殿前のご神木と巨岩は悠久の時を感じられます。

 

 

 

『大和町まほろば百選』から大和町の史跡・人物・七ツ森の魅力を紹介します!

まほろばまちづくり協議会(平成11年度から平成29年度まで)が、地域の再発見、再認識を目的として、私たちの住んでいる身近な史跡、もっと光をあてるべき人物、地域に残る自然・風習などを再考して編集、発刊しました『大和町まほろば百選』(全三刊)の中から厳選した記事を広報たいわに掲載した百選と併せてご紹介いたします。

大和町に残るいにしえの記憶・足跡・伝統を感じてみませんか。

まほろば百選

 

大和町まほろば百選 ~未来への伝言~  

第一刊 《史跡・名跡編》

第二刊  《人物編》

第三刊  《七ツ森編》

 

「大和町まほろば百選 ~未来への伝言~」は大和町観光物産協会吉岡宿本陣案内所にて各刊400円(税込み)で販売しております。

大和町観光物産協会(公式Facebook)<外部リンク>

吉岡宿本陣案内所