ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域再生計画

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

地域再生計画

地域再生制度とは

 地域が行う自主的・自立的な取り組みによる地域経済の活性化や地域における雇用機会の創出、その他の地域の活力の再生を総合的かつ効果的に推進するため、地域再生法により創設された制度です。

地域再生計画とは

 地方公共団体が支援措置を利用して行う具体的な取り組みを記載した計画を作成し、内閣総理大臣の認定を受けることにより支援措置を利用することができます。

 本町では、地域再生基盤強化交付金のうち、汚水処理施設整備交付金を活用した地域再生計画「大和町七ツ森水と緑の再生計画」が平成18年3月31日に認定を受けました。

地域再生計画の概要

計画の名称

 大和町七ッ森水と緑の再生計画

事業期間

 平成18年~平成22年度

事業概要

 本町では、市街地の拡大や人口増加に伴い多くの生活排水が河川に流れ込むようになり、最近では河川の水生動物も滅多に目にすることができなくなってきている。生活排水や工場排水を処理するため、本町では、平成4年度から公共下水道整備を開始するとともに、平成11年度からは合併処理浄化槽設置者への補助金交付を行い、汚水処理事業を展開しているものの、いまだ未処理区域が残っている状況である。
 このため、交付金の活用により、汚水処理施設の整備を一層推進し、水生昆虫が生息できるきれいな水の確保と豊かな緑の七ツ森の里の再生を目指す。

計画の目標

  • 目標1 汚水処理施設の整備の促進(汚水処理人口普及率を83.2%から100%に向上)
  • 目標2 汚水処理施設の整備による河川水質の改善(BOD3.6mg/lを1.5mg/lに向上)

事後評価

 「大和町七ツ森水と緑の再生計画」の計画期間が終了し、目標の達成状況や事業の実施状況に関する事後評価を行いましたので、その結果を公表します。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)