ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

職員の処分について

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月16日更新

職員の処分について

 町では,次のとおり職員に対し地方公務員法第29条に基づく懲戒処分を行ったので,公表します。

 職員の処分

被処分者

町民生活課 参事 50代 男性 (当時まほろばホール参事)

処分の内容

戒告
処分年月日

令和元年5月15日

 

処分対象事案の概要

 被処分者は,平成29年度において,町の外郭団体の事務局を担当した際,物品購入代金等の支払いに必要な書類作成や上司の決裁を得ずに代金を支出するとともに,会計年度内での納品が困難であることを認識しながら,備品の注文を了承し,会計年度内での納品として処理するため,備品納品前での購入代金支払いを行うなど,経理事務の不適切な処理を行ったもの。

 また,翌平成30年11月に,当団体の平成29年度分の経理事務に対して町監査委員による監査が行われた際に,帳票簿冊等に多数の誤りや不備が確認され,監査 に支障を来たす事態を招いたもの。

 

町長等の監督責任について

 
町長

減給2月(給料月額10分の1)

副町長,教育長

減給1月(給料月額10分の1)

 

町長のコメント

 今回の件に関しましては,本町職員全体の信用に関わる重大な問題と認識し,町民の皆様に心からお詫び申し上げますとともに,今後はこのようなことの無いよう職員に対する法令及び服務規律の順守を徹底し,再発防止と信頼回復に向け全力で取り組んでまいります。

大和町長 浅 野  元