ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

報恩寺

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月12日更新

郵便番号

981-3402

所在地

宮城県黒川郡大和町落合報恩寺字上ノ山31番地

電話番号

022-345-5255

施設情報

 報恩寺の始まりについては明らかではありませんが、鎌倉時代に智覚禅師が開いたと伝えられ、後に室町時代から戦国時代にかけて黒川郡の領主であったとされる黒川氏の菩提寺となり、黒川景氏の墓と伝えられている五輪塔があります。

 また、最初の位置は、南東方向の窟薬師磨崖仏(穴薬師・波打薬師)がある辺りとも伝えられています。

報恩寺

      ▲聖観音菩薩坐像が安置されている報恩寺本堂

 

【大和町指定有形文化財】 木造伝聖観音菩薩坐像

平成30年4月1日指定

 本像は報恩寺の本尊で、頭上に金銅製(一部鍍銀)透かし彫りの宝冠を被っています。宝冠を含めた像の高さは98.9cmです。

 像本体は複数の木を合わせて造られていて(寄木造)、表面は全体的に漆を塗った上に金箔が貼られています(漆箔)。また、頭髪は緑色に彩色されています。

 これまでに何度か修復されていますが、非常に優れた出来栄えで、造られた年代は14世紀(南北朝時代頃)まで遡る貴重な像と評価されています。

 なお、形態的特徴から宝冠釈迦如来坐像として造られた可能性が説かれていることと、少なくとも1774年(江戸時代)以降は観音像として伝えられていることを踏まえ、指定名称には「伝」を加えています。

木造伝聖観音菩薩坐像

  【画像提供】東北大学文学部東洋・日本美術史研究室

 

 ※拝観を希望される場合は、あらかじめ報恩寺にご連絡ください。

 

地図


観光マップ

アサヒナサブローのページ
アサヒナサブロー

くろかわ商工会<外部リンク>

大和町観光物産協会<外部リンク>

原阿佐緒記念館<外部リンク>