ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鳥屋八幡古墳

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月12日更新

郵便番号

981-3412

所在地

宮城県黒川郡大和町鶴巣鳥屋字天ケ沢1番地の1ほか(鳥屋八幡神社西側山中)

【宮城県指定史跡】 鳥屋八幡古墳(2基)

昭和43年12月13日指定

 鳥屋八幡古墳は、鳥屋の集落を見下ろす丘陵の斜面を削ったり土を盛ったりして造られた墓(古墳)で、平面形が円形の円墳であり、2基が確認されています。昭和41・42年には発掘調査が行われ、その内容が明らかにされています。

 1号墳は、直径約18m、高さ約3〜4.5m、2号墳は、直径約14m、高さ約1.2〜3.4mです。

 いずれも内部は遺体を安置する部屋と外へ通じるトンネルが石を組み合わせて造られています(横穴式石室)。その部屋や入口付近からは、葬られた人にそえられたと思われる装身具(琥珀玉)や食器(土器)などが発見されています。これらの古墳は、古墳時代の後期(およそ1,300年前頃)に造られ、当時の有力者が葬られたものと考えられています。

鳥屋八幡古墳

   ▲1号墳

    中央の赤い格子戸の部分が石室の入口

    (格子戸から手前の石垣は現代の構造物)

地図


観光マップ

アサヒナサブローのページ
アサヒナサブロー

くろかわ商工会<外部リンク>

大和町観光物産協会<外部リンク>

原阿佐緒記念館<外部リンク>