ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

吉岡東官衙遺跡

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月12日更新

郵便番号

981-3627

所在地

宮城県黒川郡大和町吉岡東二丁目9番地の3ほか

【宮城県指定史跡】 吉岡東官衙遺跡

平成8年6月5日指定

 吉岡東二丁目周辺は広大な遺跡で、一里塚遺跡と呼びます。

 平成3〜4年に遺跡西部の発掘調査が行われた結果、門のつく塀(東西58m・南北54m以上で方形に巡る)で囲まれ、規則的に並ぶ掘立柱建物群の跡が発見されました。これらの建物は倉庫と見られ、その柱穴のいくつかからは炭化した米が、また、その周辺からは墨で文字の書かれた食器や硯(いずれも土器)などが出土しました。

 これらのことから、ここは奈良時代から平安時代初め頃の役所(官衙)の一部で、米などの税を収めておく重要な場所であったものと考えられました。その役所とは、郡内を治める黒川郡衙の可能性が高く、およそ塀で囲まれた区域は「吉岡東官衙遺跡」として宮城県指定史跡に指定され、現在は公園となっています。

吉岡東官衙遺跡

   ▲空から見た倉庫群跡

    およそ等間隔に並ぶ四角形の穴が柱を立てるために掘られた穴

地図


観光マップ

アサヒナサブローのページ
アサヒナサブロー

くろかわ商工会<外部リンク>

大和町観光物産協会<外部リンク>

原阿佐緒記念館<外部リンク>