○大和町水道事業被服貸与規程

昭和45年5月1日

大和町企管規程第8号

(目的)

第1条 この規程は,職務上必要と認められる大和町水道事業職員(以下「職員」という。)に対する被服貸与に関し,必要な事項を定めることを目的とする。

(被服の着用)

第2条 職員は,その職務執行中は,この規程に定める被服を着用しなければならない。

(貸与の種類,範囲,数量,期間,制式等)

第3条 貸与の種類,貸与者の範囲,貸与数量,貸与の期間及び貸与品の制式並びに地質については町長が別に定める。

(再貸与)

第4条 貸与期間内において職務上またはやむを得ない事由により貸与品を亡失し,またはき損し,補修しても使用に堪えない程度と認められるときは,再貸与することができる。

(貸与品の返納)

第5条 貸与期間が満了したとき,または貸与期間中に退職,休職,転任したときは,直ちに貸与品を返納しなければならない。

(保管)

第6条 職員は,善良な管理者の注意をもって,着用または保管しなければならない。

2 貸与品は,譲渡,貸与,交換等の処分または担保の用に供してはならない。

(賠償)

第7条 職員が,故意または過失により貸与品を亡失し,またはき損し使用にたえなくなるに至らしめたときは,その損害の弁償の責に任じなければならない。

(被服の補修)

第8条 貸与品は,原型に著しい変更をきたさない限り,被服の補修は自弁とする。

(検査)

第9条 貸与被服の検査は,随時行なわなければならない。

附 則

この規程は,公布の日から施行する。

大和町水道事業被服貸与規程

昭和45年5月1日 企業管理規程第8号

(昭和45年5月1日施行)