○大和町水道事業の業務に係る入札保証金及び契約保証金の率に関する規程

昭和45年5月1日

大和町企管規程第5号

(目的)

第1条 この規程は,地方公営企業法施行令(昭和27年政令第403号)第21条の14の規定に基づき大和町水道事業の業務に係る入札保証金及び契約保証金の率に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(入札保証金の率等)

第2条 競争入札に加わろうとする者は,入札金額の100分の5以上の保証金を納付しなければならない。ただし,指名競争入札による場合は,保証金の一部または全部を免除することができる。

2 前項の規定により入札保証金を納付した者に対しては,領収証書を交付しなければならない。

3 第1項の保証金は,不落者には即時,落札者には契約締結後前項の領収証書と引換えに還付しなければならない。

4 入札者がつぎの各号に該当する行為をした場合及び落札者が指定の期日までに契約を結ばないときは,前項の保証金は町に帰属する。

(1) 別に定める入札条件に違反したとき。

(2) 入札者またはその代理人が二以上の入札をしたとき。

(3) 入札者が公正な価格を害し,または不正の利益を得る目的をもって談合して入札したことが明らかなとき。

(4) その他入札に際し不正の行為があったとき。

(契約保証金の率等)

第3条 請負者は,契約の締結に当り契約金額の100分の10以上の保証金を納付しなければならない。ただし,指名競争入札または随意契約の方法により請負契約を締結する場合においては,保証金の一部または全部を免除することができる。

2 契約金額の変更によりその保証金額が不足または過納となった場合は,町は直ちに追徴または還付する。

3 請負者がその義務を履行しないため契約を解除したときは,契約保証金は損害賠償金の一部に充てる。

4 契約保証金は,工事完成後還付する。

附 則

この規程は,公布の日から施行する。

大和町水道事業の業務に係る入札保証金及び契約保証金の率に関する規程

昭和45年5月1日 企業管理規程第5号

(昭和45年5月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第5章
沿革情報
昭和45年5月1日 企業管理規程第5号