ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

精神障害者保健福祉手帳

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月5日更新

 精神障害者保健福祉手帳について

 精神障害者保健福祉手帳が交付されると、障害福祉サービスの利用、各種税金優遇措置、公共施設等の利用料金の割引等が受けやすくなります。ただし、障がいの等級によって受けられるサービスの内容が異なります。

 【宮城県精神保健福祉センターHP】https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/seihocnt/tecyou-top.html<外部リンク>

対象者・等級

 精神疾患をお持ちの方のうち、精神障がいのために長期にわたり、日常生活または社会生活に制限のある方。(知的障がいの方は含まれません。)障がいの等級は、重い順に1級から3級まであります。

はじめての申請の方・更新申請の方

  精神保健福祉手帳の申請には、以下のものが必要となります。

  1. 写真 1枚(無帽・上半身・真正面・タテ4cm×ヨコ3cm・おおむね1年以内に撮影したもの。)
    ※更新申請の方は、基本的には写真は不要です。現在お持ちの手帳の写真を変更したい場合もしくは更新欄が満載の場合は、写真を持参してください。
  2. マイナンバーカードまたはマイナンバー通知書など、個人番号が確認できるもの
  3. 現在お持ちの手帳(更新申請の方のみ)

 また、上記の他に次のいずれかが必要です。

診断書で申請の場合

  精神障害者保健福祉手帳用の診断書。(診断書が必要な方は、担当までご連絡ください。) 

  ※初診から6カ月以上経過していない場合は、申請できません。

障害年金証書などで申請の場合

  • 障害年金証書または直近で届いた年金振込通知書または、特別障害給付金受給資格者証または直近で届いた国庫金振込通知書(国庫金送金通知書)の写し
  • 障害年金にかかる照会同意書(用紙が必要な方は、担当までご連絡ください。)

申請から手帳が交付されるまで 

(1)相談・申請  
    申請に必要なものを持参のうえ、担当窓口にて申請していただきます。

(2)進達 
       担当から判定機関へ申請書類を進達します。                                                                                                     

(3)審査
       交付機関が審査会を開催し、申請書類に基づいて審査を行います。

(4)手帳の交付 
       審査会後、通常1か月程度で手帳が担当へ送付されます。手帳が届き次第、担当から申請者へ手帳が届いた旨についてご連絡いたします。
   ※ただし、提出された診断書等の内容に疑義がある場合には診断書を書いた医師に対し、交付機関が内容の照会をする場合があり、さらに時間を要することがあります。その際には、申請者に対し、日数がかかる旨についてご連絡いたいします。                                                                                          

<交付機関>
    宮城県精神保健福祉センター 総務班  
    〒989-6117 大崎市古川旭五丁目7-20(Tel 0229-23-0021/Fax 229-23-0388)                                                                                                                                                            

有効期限

 手帳の有効期限は2年です。更新申請は、有効期限の3カ月前から受け付けております。

既に療育手帳をお持ちの方

  • 手帳を紛失または破損した場合や、記載欄に余白が無くなってしまった場合は、”再交付”の申請が必要です。
  • 氏名、居住地が変わった場合は、”変更届”の提出が必要です。
  • 手帳所持者が亡くなった場合は、”返還届”の提出が必要です。