ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > まちづくり政策課 > 大和町「まほろば百選」 佐藤忠良

大和町「まほろば百選」 佐藤忠良

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月10日更新

佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう)

 

~大和町が生んだ現代日本を代表する彫刻家~

大和町落合舞野に1912年生まれ、1917年までの約5年余り大和町で幼年期を過ごした。後に伊具郡丸森町、北海道夕張へ移り、以後小、中学校を北海道で過ごす。1934年東京美術学校(現東京芸術大学)彫刻科に入学。在学中から国画会展で入賞、帝展にも入選する。1939年東京美術学校卒業。新制作展を中心に、精力的に数多くの注目される作品を発表し続け、数多くの賞を受賞し、現代日本を代表する彫刻家のひとりである。

1981年 フランス国立ロダン美術館の招きで個展を開催

1990年 宮城県美術館に佐藤忠良記念館が開設される

(まほろばまちづくり協議会 まほろば百選~未来への伝言~第二刊《人物編》より抜粋)

佐藤忠良①

佐藤忠良②

大和町からのコメント

2011年3月30日に逝去されましたが、デッサンの名手としても知られ、そのデッサン力を生かした「おおきなかぶ」(挿絵)などの絵本や、スケッチ、版画などを大和町ふれあい文化創造センターまほろばホール二階「佐藤忠良ギャラリー」にて、展示しています。