ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・生涯学習 > 文化・歴史 > 5.石神山精神社「まほろば百選~未来への伝言~」

5.石神山精神社「まほろば百選~未来への伝言~」

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月1日更新

5.石神山精神社【吉田地区】

  祭神 大山衹神
     大祭神
     事大主神
  祭礼 旧3月15日、旧9月9日

 石神山精神社の歴史は古く、続日本紀によれば桓武天皇の延暦9年(790年)に陸奥国黒川郡石神山精神社を
官社に勧められ、当時すでに大和朝廷の信仰厚く奉弊が行われました。
 社名の示すとおり、巨大な凝灰岩の石壁に神霊の存在を認めて祀った古い信仰の姿を伝えた神社で、社殿前には
坂上田村麻呂将軍の御手植えの杉と、古老の口碑に伝う周囲8m余の老杉があります。
 延喜式神名帳に記載された神社で東北において唯一平安時代に官社に列した国史掲載社であり、また、瑞巌寺
百二世・禅興寺中興開山大領義猷和尚の碑が岩窟にあります。

iwagamiyamazumi

 

 

iwagamiyamazumi