ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・生涯学習 > 文化・歴史 > 14.大森山薬師堂「まほろば百選~未来への伝言~」

14.大森山薬師堂「まほろば百選~未来への伝言~」

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月1日更新

14.大森山薬師堂【宮床地区】

 伝説によると、「伊達政宗公が七ツ森で巻狩をした時、獲物が全くいなかったそうで、七ツ森の主峰大森山の頂上に
出たところ、真黒な仏像が目についた。今日の不狩は如来の邪魔立てによるものと、鉄砲を撃ったところ腹部に命中して
仏像は真っ二つになった。すると政宗の鼻から血が吐出して止まらなくなってしまった。従臣の小十郎は笹の葉をかんで
つけたところ、たちどころに血が止まった。政宗は一時の激憤を詫びて、登山道を造った。」といわれています。
 毎年5月8日の祭礼の日だけ御開帳されます。(現在は龍巌寺が奉祀)
oomoriyama