ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・生涯学習 > 文化・歴史 > 17.宇和館跡(鴇田館)「まほろば百選~未来への伝言~」

17.宇和館跡(鴇田館)「まほろば百選~未来への伝言~」

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月1日更新

17.宇和館跡(鴇田館)【宮床地区】

 城主・鴇田信濃國近(天正年中まで居住・鴇田館)は、信濃国井上荘鴇田郷に住んでいたのでこの「鴇田」という字を
用いるようになったと言われています。永享21年(1439)の戦に敗れ、黒川郡に逃れ黒川氏の家臣となり、宇和館城に
移り住みました。黒川氏の滅亡後は伊達氏に属し、その後裔には、伊達藩二代藩主忠宗の側近で二千石を領して着座に
列した鴇田周如がいます。
 仙台藩古城書上には「宇和多手城」として記載されており、鴇田氏は、宮床伊達家入部以前の宮床地区領主であった
ことが分かります。

uwadate