ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・生涯学習 > 文化・歴史 > 18.田手岡館跡(御殿山)「まほろば百選~未来への伝言~」

18.田手岡館跡(御殿山)「まほろば百選~未来への伝言~」

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月1日更新

18.田手岡館跡(御殿山)【宮床地区】

 享保2年(1717)の普請絵図によると、玄関を上ると廊下を挟んで百五十畳の大広間、大広間の西方に
続いて御次座敷・小御書院・御鷹部屋、大広間から北方の跳ね廊下をわたり、左に曲がると二十五間長さの
廊下があり、その両側に御酒番所・御料理下部屋・御上御大所・控の間・御目付詰所(ここに半鐘がある)・
御贈答所・御納書部屋・御近習部屋・御寄付・御小姓詰所・御次座敷があり、二十五間廊下からさらに北に
廊下を隔てて御茶屋・御次座敷・一番奥に御座の間があるとされています。
 御座の間の西方、庭を隔てて御休所と大書院があり、大書院には御次座敷から出入りができる造りとなっています。
さらに御座の間の西方に御次座敷を隔てて御子様部屋・若奥様部屋・御次座敷・奥様御座の間があり、それらの部屋
には廻り廊下がついていました。
 館跡には伊達吉村公のえな塚の碑が建立されています。

tateokatate

 

tateokatate1