ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・生涯学習 > 文化・歴史 > 22.飯峯山信楽寺跡「まほろば百選~未来への伝言~」

22.飯峯山信楽寺跡「まほろば百選~未来への伝言~」

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月1日更新

22.飯峯山信楽寺跡【宮床地区】

 飯峯山信楽寺はかつて松倉山の南麓、宮床松倉沢地内にありました。平安初期に慈覚大師が開基した勅願寺と言われ、修験の地として
中世から江戸時代にかけて隆盛を誇りました。寺院は数回火災にあっており、明治7年の火災ですべて焼失し、現存する建物はありません。
 昭和44年から45年にかけて発掘調査が行われ、山門、本堂、阿弥陀堂、僧坊などを持った山岳寺院であったことが確かめられています。
 現在は東屋、ベンチなどが設置された公園として整備されており、七ツ森遊歩道の入り口となっています。

sinngyouji

sinngyouji2