ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > まちづくり政策課 > 大和町「まほろば百選」 七薬師掛け

大和町「まほろば百選」 七薬師掛け

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月10日更新

七薬師掛け(ななやくしがけ)

「七(なな)薬師(やくし)()け」とはなにか

大和町の西端に連立する七ツ森の山頂には、それぞれ薬師如来が安置されている。

宝暦12年旧暦4月8日(今から250余年前)に宮床伊達家の家臣八巻(やまき)景任(かげとう)景長(かげなが)父子が背負って安置したと伝えられている。

七ツ森には、この七峰を一日で巡拝する「七薬師掛け」といわれる風習があった。

七ツ森は、石神山精神社(いわがみやまずみじんじゃ)の存在が示すとおり古より人々の信仰の山であり、霊地であった。この山岳・祖霊信仰の下地の上に、信楽寺(しんぎょうじ)(あと)が物語るように平安時代に登場する真言・天台両宗の新仏教的信仰が習合され、七ツ森に伝わる固有の七薬師信仰が形成されたものと考えられる。

「七薬師掛け」という伝統的な風習は毎年旧暦の4月8日に行われ、七つの山の険しい山道を踏破するという荒行・難行をこなすことで、あらたかな功徳利益があると信じられていた。

 

(まほろば百選~未来への伝言~第三刊《七ツ森編》より)

七薬師掛け
1日で七つの山々の頂にある薬師を参る七薬師掛け

 

大和町の七ツ森関連リンクはこちら

七ツ森のできたわけ

七ツ森自然遊歩道コース

七ツ森自然遊歩道パンフレットはこちら


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)