ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > まちづくり政策課 > 大和町「まほろば百選」 タンガラ森考

大和町「まほろば百選」 タンガラ森考

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月10日更新

タンガラ森考

七ツ森の七薬師信仰を考える上で注目すべき点は七ツ森のそばにある「タンガラ森」の存在である。タンガラ森の山頂には文殊(もんじゅ)菩薩(ぼさつ)(ぞう)が安置されているが「文殊菩薩」とは「薬師如来の脇侍(セットでおかれることが多い)の仏像」であり、その意味で七ツ森とタンガラ森は密接不可分の関係にある。

七薬師と文殊菩薩、七ツ森とタンガラ森、まことに知性と情緒の深み、想像力の豊かさを感じる構図である。自然と人間と薬師如来をめぐる信仰のドラマが1000年の時間の帯の中に無数に綴られている、そんな思いにもなるのである。

そして、七ツ森とは、そういったドラマの天与の舞台であり、宝庫であることに改めて気づかされるのである。

(まほろば百選~未来への伝言~第三刊《七ツ森編》より)

七ツ森とタンガラ森
時に神秘的な姿を見せる七ツ森

吉岡まほろばより眺める七ツ森
写真では七ツ森の右側にある小さい山がタンガラ森です。

 

大和町の七ツ森関連リンクはこちら

七ツ森のできたわけ

七ツ森自然遊歩道コース

七ツ森自然遊歩道パンフレットはこちら


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)