ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > まちづくり政策課 > 大和町「まほろば百選」 伝説と信仰の山・七ツ森

大和町「まほろば百選」 伝説と信仰の山・七ツ森

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月10日更新

伝説と信仰の山・七ツ森

伝説

古い呼び名は七巍峰といい、中国の名峰九巍峰になぞられ、4代藩主伊達綱村公が「この地を七巍峰と称すべし〈封内名跡誌〉」といったことによるとされている。

七ツ森の生い立ちに関しては次のような民話がある。

昔、朝比奈三郎という力持ちがいて、弓の稽古の的にする山を造ろうと思った。隣郡の鹿島台町から土を掘ってタンガラ(背負いカゴ)に入れ、7回運んでドサリ、ドサリと置いた場所が七ツ森になった。そして、土を掘り採った跡に水がたまったのが品井沼で、三郎が歩いた跡が吉田川というわけである。

遂倉山と並んで北西方向にチョコンと突き出た三角の山はタンガラ森(220m)であるが、七ツ森の仲間から外されている。七ツ森を作り終えた三郎がタンガラについた土を払い落とした時にできたオマケの山と民話では伝えている。

(まほろば百選~未来への伝言~第三刊《七ツ森編》より)

朝焼けの七ツ森
七ツ森は朝比奈三郎が作ったものなのか?

ふるさとの民話七つ森
民話は子どもたちへと受け継がれていきます。

 

大和町の七ツ森関連リンクはこちら

七ツ森のできたわけ

七ツ森自然遊歩道コース

七ツ森自然遊歩道パンフレットはこちら


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)