ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 農林振興課・農業委員会事務局 > PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の期限内の適正な処理について

PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の期限内の適正な処理について

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月23日更新

PCB廃棄物は期限までに適切に処理する必要があります

 有害物質であるPCB(ポリ塩化ビフェニル)が含まれている電気機器等については,定められた期限までに適切に処理する必要があります。

 PCB廃棄物は「高濃度PCB廃棄物」と「低濃度廃PCB棄物」に分類され,特に「高濃度PCB廃棄物」は定められた期限までに処理しなければ事実上処分できなくなります。

 

 (1)高濃度PCB廃棄物(変圧器,コンデンサ等)・・・令和4331日まで

          (安定器及び汚染物等)・・・・令和5年3月31日まで

 (2)低濃度PCB廃棄物・・・・・・・・・・・・・・ 令和9年3月31日まで

 

 県内でもこれまで調査されていますが,先般,水利組合が管理している農業用ポンプ場において,高濃度PCBを使用したコンデンサが発見されています。

 

PCBが使用された代表的な機器

   昭和28年から昭和47年に国内で製造された変圧器・コンデンサ(絶縁油として)

   昭和321月から昭和478月までに国内で製造された照明器具の安定器

    (製造年は機器の銘板から確認することが可能です。)

 

 現在利用中の施設だけでなく,使われなくなった施設の屋内に残されている事例も多数あります。

 ポンプ場などの施設を管理されている皆さまは,放置されている施設を含め,改めて点検をお願いします。

 PCBの使用が疑われる電気機器等を見つけた場合は,農林振興課へご相談ください。

PCB使用製品及びPCB廃棄物の期限内処理に向けて

PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物に関する各種パンフレット等について<外部リンク>