ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農業・林業 > 農業用ため池の届出制度が始まります(お知らせ)

農業用ため池の届出制度が始まります(お知らせ)

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月27日更新

 平成30年7月豪雨などにより、近年、多くの農業用ため池で甚大な被害が発生しています。

 それに伴い、国では農業用ため池の情報を適切に把握し、決壊による災害を防止するため、「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」を制定しました(令和元年7月1日制定)。

農業用ため池の所有者や管理者の方は、ため池に関する情報を県に届け出る必要があります。

  ○届出が必要となるため池とは? ⇒「農業用に利用されるため池」です。

                             ※現在は農業用に利用されていないため池でも、過去に農業用に利用され、今でも

                               利用可能な状態にある場合には届出が必要となります。

 

  ○届出の期限は?           ⇒法律の施行日(令和元年7月1日)以降、農業用ため池の設置、廃止または変更があった

                          場合は遅滞なく届出する必要があります。

                             ※法律の施行日前に設置された施設については施行日から6ヶ月以内に届出をする

                               必要があります。

 

  ○届出すべき人は?          ⇒農業用ため池の所有者又は管理者です。

                             

農業用ため池の管理及び保全に関する法律リーフレット(発行:農林水産省) [PDFファイル/801KB]

 

届出に関する詳しい内容(届出すべき情報、届出様式等)については、農林振興課までお問い合わせ下さい。

 

ため池について(農林水産省農村振興局整備部防災課HP)

http://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/bousai_saigai/b_tameike/index.html<外部リンク>

 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)