ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 総務課 > 後付け安全運転支援装置設置費補助金を創設しました!

後付け安全運転支援装置設置費補助金を創設しました!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月1日更新

アクセルとブレーキの踏み間違い時に加速を抑制する後付けの安全運転支援装置を設置する65歳以上の高齢者に対し、購入設置費用の一部を補助します。

交付要綱 [PDFファイル/237KB]

補助概要チラシ [PDFファイル/1月06日MB]

補助対象者

下記(1)~(5)をすべて満たす個人の方

(1)町内に住所を有し、令和3年3月31日時点で65歳以上の方

(2)非営利かつ自ら使用する自動車に令和2年4月1日以降に安全運転支援装置を設置した方

(3)有効期限内の自動車の運転免許証を保有している方

(4)町税及び自動車税を滞納していない方

(5)申請者が支払った購入設置費に対する他の補助金を受けていない方(国の補助金は除く)

補助対象の安全装置

国土交通省の性能認定を受けている安全運転支援装置(令和2年7月1日時点)

・踏み間違い加速抑制システム、踏み間違い加速抑制システム2

・ペダル踏み間違い時加速抑制装置

・S-DRIVE誤発進防止システム2

・JARWA_S-DRIVE

・ペダルの見張り番2

・アクセル見守り隊

・ワンペダル

・ふみまちがい時加速抑制システム

・ペダル踏み間違い加速抑制装置

・ペダル踏み間違い時加速抑制装置

・あしもと見守るくん

・踏み間違い加速抑制装置

↓詳しくは、一般社団法人 次世代自動車振興センターの情報をご覧ください。

http://www.cev-pc.or.jp/support-car/atoduke-souchi.html<外部リンク>

補助対象の自動車

下記の(1)、(2)をすべて満たす車両

(1)普通、小型、軽自動車で車検を受けている自動車(事業用は対象外)

(2)車検証の使用者欄に申請者の氏名が記載されていること

補助金額

申請者が支払った購入設置費(修理費等は除く)の9割以内

※上限90,000円(1,000円未満切り捨て)

提出書類

 
(1)交付申請書兼実績報告書(様式第1号) [Wordファイル/17KB]
(2)車検証(使用者欄が申請者本人)のコピー
(3)自動車運転免許証のコピー
(4)購入設置費の支払い手続きが完了したことを確認できる書類(レシート、領収書等のコピー)
(5)安全運転支援装置販売・設置証明書
(6)住民票の写し(申請日前3ヶ月以内の発行)
(7)納税証明書(町税の滞納がないことを証明するため)
(8)その他必要な書類

※添付書類は、すべて申請者本人の名義のものが必要です。特に(4)、(5)の書類について宛名が申請者本人になっているか注意願います。

その他

補助金を受けた安全運転支援装置は、原則1年以上使用してください。(ただし、病気等により運転が困難になった場合等は無理せず運転を中止し、免許返納等をご検討ください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)