ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 町の概要 > 広報・広報紙 > たいわデイズ ものがたりは日常で生まれる-令和2年8月号

たいわデイズ ものがたりは日常で生まれる-令和2年8月号

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月31日更新

社会を明るくする運動

1

 7月2日(木曜日)第70回社会を明るくする運動のメッセージ伝達式が大和町役場で開催され、保護司や黒川地区更生保護女性会の代表者が出席しました。
 運動は、全ての国民が犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場で力を合わせ、犯罪や非行のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。
 伝達式では保護司の加藤元浩さんが内閣総理大臣からのメッセージを読み上げ、運動への参加を呼び掛けました。

 

祝百歳!おめでとうございます

2

 6月23日(火曜日)まほろばの里たいわに入所する大内きよ子さんが、満100歳を迎え長寿を祝いました。
 きよ子さんは、大郷町に生まれ、学校を卒業後は家事と農業を手伝い、結婚後は旦那さんの仕事で満州に渡り、帰国してからは農業や畑仕事をして生活していたそうです。
 「いつも謙虚さと笑顔を忘れないきよ子さんに、元気をいただいています。長生きしてください」と、職員からきよ子さんへメッセージがおくられました。

祝百歳!おめでとうございます

3

 7月9日(木曜日)加賀巖雄さんが、満100歳を迎え家族と長寿を祝いました。
 巖雄さんは、8人兄弟の4番目として吉岡に生まれ、子2人、孫1人の家族に恵まれました。カメラを趣味とし、奥さんとのドライブ旅行や、海外旅行をしてたくさん友人ができたことが思い出に残っているとのことでした。
 ご家族は「いつまでも健康で楽しく過ごしてもらいたいです」と、巖雄さんへメッセージをおくりました。