ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > たいわ子育て応援サイト > 不妊に悩む方への特定治療支援事業

不妊に悩む方への特定治療支援事業

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

事業の概要

指定医療機関での体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」といいます。)について治療費用の一部を助成します。

助成を受けることができる人

  1. 申請日現在、宮城県内(仙台市以外)に住所があるご夫婦(夫婦のいずれか一方でも可)
  2. 治療開始時に法律上の婚姻をしているご夫婦
  3. 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断されたご夫婦
  4. 指定医療機関で治療を受けたご夫婦(県外の医療機関の場合、医療機関のある自治体で指定を受けていれば本県の指定医療機関とみなしています。)
  5. 申請日の前年(1月から5月までの申請日については前々年)の夫婦合算の所得額が730万円未満であるご夫婦

助成内容

1回の治療につき15万円(治療方法記号C,Fについては7万5千円)まで、1年度当たり治療初年度は3回、2年度目以降は2回を限度に助成します。(ただし通算10回まで)

平成26年4月1日からの制度変更の内容

妻の年齢による助成回数の設定

1.平成26年4月1日以降の申請の取扱い

ア 平成26年4月1日以降に初めてこの制度を利用する方

  • 39歳までの方…通算6回まで
  • 40歳以上の方…年度2回(初年度3回)まで(平成28年3月末まで)

イ 平成25年度までに助成を受けたことがある方

  • 現行の制度(年度2回(通算10回)/5年度間)が平成28年3月末まで延長されます。
2.平成28年4月1日以降の申請の取扱い

ア 39歳までに通算1回目の助成認定を受けた方…通算6回まで

イ 40歳~42歳までに通算1回目の助成認定を受けた方…通算3回まで

ウ 43歳以上で開始した治療は助成制度の対象外となります。

詳しくは、宮城県子育て支援課ホームページ<外部リンク>をご覧下さい。

お問い合わせ

塩釜保健所黒川支所

Tel358-1111